【映画】チョコレート・ファイター

スポンサーリンク

設定はハチャメチャです。あり得ない感を四方八方にまき散らして、カンフーハッスルやジャッキーの映画とは質の異なるドライブを感じさせつつ、笑いながらも、“ありえねー”と呟やいて鑑賞できるのは、やっぱり生スタントにこだわった作品だからでしょうね。

さすがにマッハを撮った監督。スタントとはいえ、生身の人間を2階、3階の高さから落としまくります。ある意味、現在のアクション映画のぶっちぎりでトップで突っ走っていますが、これに勝てるのは『7人のマッハ』位でしょうか?

因みに、本作の「チョコレート」は女の子が主役ですが、まず設定があり得ません。主役のゼンさん(女優はジージャさん、24歳。全然、見えない!)は、知的障害(サヴァン症候群)で、だからこそ逆に格闘が出来るという、かなり無茶なヒロイン像です。設定ではサヴァン症候群自体がある特定の事に驚異的な天才の能力を発揮する知的障害という設定で、ゼンの場合はその能力が驚異的な反射神経として発揮されるので、一度観た動作は完璧に再現できることになっています。つまり、ブルース・リーの映画を観ては、ブルース・リーのように、マッハを見れば、マッハのように、格闘ゲームで遊んでは、格ゲー並みのありえないアクションを連発で再現できる訳です(笑)

ジージャの父親役のやくざを演じた阿部寛さんは、映画の中で尻丸出しのところだけがクローズアップされていますが、存在感だけで映画の要所をひっぱり、最後の方では日本刀を振り回す殺陣も見事にこなしています。斬り合いの最後で白目を向いて倒れるシーンなどは阿部さんならではの怪演で、この映画の“馬鹿っぽいけどもクール”というビミョーな匙加減の世界観を壊ことなく演じています。漫画シグルイにも通じるフリークさ加減、ヒロインのかわいさ、そして文字どうり身体をはった本物のスタント、四の五の云わずにアクションを楽しめるので、アクション映画のファンにはおすすめの一本ですね。

ラストバトルは、メトロとビルの狭間の空間が舞台になっており、バンコクのメトロに乗ったことのある人ならば分かると思うのですが、確かにああいう空間は存在します。駅のホームで待っている時、もしくは電車に乗りながら、もしかしたら“出来るかも”、“いや落ちて死ぬでしょ”というような空想を、軽ろやかにアクション映画で表現して見せてくれるのは嬉しいですね。

サヴァン症候群といえば、オリバー サックス著の『妻を帽子とまちがえた男 』で、興味深い実例が沢山述べられています。

まさか、と信じられないような症状を抱えた人々が大勢でてきますが、サックス氏の人としての視線、その真摯な態度に感服する名著です。

妻を帽子とまちがえた男 (サックス・コレクション)
Oliver Sacks 高見 幸郎 金沢 泰子
4794925220

コメント

タイトルとURLをコピーしました