【映画】市川崑物語

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

 本記事はこんな方におすすめ

 政治ドラマが好き
 が好き
 格好良いリーダーがみたい


JOL
JOL

バンクーバーでも活躍する場面が多いスエット。
だからこそ着心地もよく、拘りをもったループウィラー。

一応、市川崑監督を描いたドキュメンタリー映画ということになっているが、実は「夫婦を描いた物語」を扱った映画であるというところが、この作品の好きなところだ。

生涯の伴侶であり、シナリオライターとして名コンビを組んだ和田夏十との思い出を、岩井俊二ならではの解釈と演出により、市川崑のラブストーリーとして昇華させた。

たとえば、ある種の恋愛映画で観られるような、気恥ずかしい雰囲気なども微塵もなく、映画的部分の遊びの部分さえも落ち着いた気持ちで観ていられる。とはいえ、この映画を恋愛映画と呼ぶのか?と云われる方もいるかもしれないが、

これは、とても素敵な恋愛映画である。DVDのカバーからは、とても恋愛映画に見えない。現実の話なのに、まるで「映画的な」恋愛が描かれているという意味でも、カップルや夫婦にお薦めしたい作品だ。

created by Rinker
¥470(2021/09/23 05:12:20時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的に言えば、市川監督の作品で石原裕次郎主演の『太平洋ひとりぼっち』(1962年)が好きだ。ラストシーンで、太平洋横断で疲れ切った身体を湯船に浮かべて癒しながら、満足そうな裕次郎をみて、やっぱ日本人は風呂だよね…、と子供ながらに感動したことを、今でも鮮明に覚えている。

JOL | GIANtSTEP管理人

このブログ(GIANtSTEP)は“JOL“が触れてきたモノ・コト・アイデアについて発信しています。最近はVR(Oculus Quest 2)の新しい世界を開拓中!

ツイッターでもつぶやきます。一期一会、どうぞフォロー下さい。

JOL | GIANtSTEP管理人をフォローする
この記事が気に入ったらフォローをお願いします。
Blog
スポンサーリンク
良かったらシェアをしてくださいね!
JOL | GIANtSTEP管理人をフォローする
JOL | GIANtSTEP

コメント

タイトルとURLをコピーしました