JOL.Profile

JOL
JOL

プロフィールをご覧いただき、有難うございます。JOLです。
下記は簡単な自己紹介です。

自己紹介

「まわりには小さな一歩でも、じぶんにとって大事な一歩」を大事にしているJOLです。

世界は広すぎて全てを理解したり、完全に把握できたりは出来ないでしょう。だからこそ、自分の足で歩き回れる範囲であっても、自分がもつアイデアやコンセプトを踏まえ、この世界にある情報や知識を噛み砕いて、一定の理解を得たり、その理解を深めるために積み重ねを続けていく事はとても大事だと思っています。

そのためには、自分自身の「取っ掛かり、軸足、または梃子の支点」となるような「ベーシックトリガーのコンセプト(スケール・尺度)」を持つことが必要です。なぜなら、自分なりのベーシックトリガーを用意してはじめて、この世界にある「深さや、広がり」がある知識について、自分の経験とかけあわせながら「生きた学び」に転換していくこと可能になるからです。また、ベーシックトリガーを持つことで色々な視野に基づく様々な知見に対しても、ただ聞き流したり、単純な同調をしたりするのではなく、自分の考えと比較しながら理解・把握を進めることができます。知り得る過程において自分の理解度にレバレッジを効かせ、質問をして深く理解したり、その理解を別のアイデアと相対化することで、さらなる成長に繋げる事もできるかもしれません。

もちろん、何事にも万能なものはありませんが、知っているのと、知らないでは、全く違う。そういう尺度みたいないなものが、ベーシックトリガーのコンセプトだと思います。基本的にベーシック・トリガーに選ぶコンセプトは、論理的思考ベースの方が効果的で、抽象と具体がうまくバランスが取れていることも肝要です。また世界の何処にでも、環境が変わっても、誰と話しても伝わること、つまりはポータブルできるある程度は抽象度の高いアイデアという点も大事かもしれません。

物事を整理し分析、結論までの道筋を考える上では、できるだけ矛盾なく簡略化できる思考法であるほうがよいと思いますが、ある程度の抽象度がある方が、内容物が変わっても、様々な方向で応用が効き、抽象度があってもロジックの再現性が高ければ、別の論理思考ベースでのアイデアやコンセプトと掛け合わせることも容易になります。

世界の何処でも言語や地域に限定されずに、一回でもしっかりと理解してしまえば色々判断に有用なアイデア、そんな自分のベーシックトリガーを是非探してみてください。

トリガーコンセプトに選ぶ基準

    • 専門外の人でも分かりやすい方がいい
      図解もできる方がいい

      数字、数値の要素に「量(Q:Quantity)」が入っている方がいい
      要素が分解されている方がいい
      図解(デザイン)できる方がいい
      時間生産性で捉えられる方がいい
  • まとめ

    思い込み、恐怖、メンタルブロックは、いつでも、誰にでも発生します。

    だからこそ自分のやりたいと思った事を、やらない方向でいきなり頭から否定をせずにやってみる、そんな人生を歩んでいきたいと思っています。

    人生何でもかんでも思うようにはいきません、目的を見失うこともあるでしょうあ。当ブログ『Gianstep』では、私も悩みながら探して見つけた幾つかのベーシックトリガーのアイデアやコンセプトを記事にして更新しています。

    Twitterも日夜更新中!フォローしていただけると嬉しいです。⇒Twitterはこちらから!

    [JoL]は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである Amazonアソシエイト・プログラムの参加者(ブログ)です。

    タイトルとURLをコピーしました