JOL.Profile

この記事は約5分で読めます。
本ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログ(GIANtSTEP)では、管理人“JOL“が海外の生活のなかで気になったモノ・コト・アイデアをアウトプットしています。

アウトプットの内容は、役に立つもの、立たないもの、どちらもあるとは思います。

国・都市を移動するなかで得られた知見(経験・アイデア)などを、このブログでは個人の備忘・雑記・整理ログというスタンスで、できるだけ正直にアウトプットできたらと考えています。

アウトプット作業を通じて、発信記事のどれかが、少しでも誰かの役に立つことがあれば幸いです。

メイン

JOL
JOL
本ブログ(GIANtSTEP)の管理人“JOL“です。
宜しくお願いします。
Bas
Bas
バディのBasです。メガネ好きのビーグルです。
宜しくお願いします。(腹減った)

このブログについて

出来るだけ正直に、個人的に気になったモノ・コト・アイデアなどを書き残しています。

運営者(JOL)のざっくりとしたライフ

人生は思うようには進みませんね。目的を見失いそうになる事はしょっちゅうです。

だからこそ、自分のやりたいことは「急がず、止まらず」の気持ちをベースにやっていきたいと考えています。

ハンドルネーム・JOLにふかい意味はありません。右からみても、左からみても、似た雰囲気。山本山に似せたいなぁ、くらいの適当です。

ブログ名のGIAN(T)STEPは、ドラえもんで有名なのGoing my way (我が道をいく)ジャイアンの足跡と、敬愛するジョン・コルトレーンの名曲GIANTSTEPの、その両方にリスペクトを込めつつ、もじらせていただきました。

これまでのライフ
  • 2016年3月
    米国留学・留学する
    生活はカツカツでしたが、なんとか卒業しました。
  • 2016年8月
    米国現地で就職する
    卒業後、仕事を見つけて頑張って働き始めました。
  • 2017年8月
    ベトナムに飛ばされる
    文化の違いに驚きながら、やはり頑張って働きました。
  • 2018年8月
    シンガポールに移動する
    頑張って働いたら、現地法人の立ち上げを任せられたので、さらに働きました。
  • 2018年8月
    シンガポールで焦る
    現法社長になってからも、自分の知識・経験のなさに本気(マジ)で焦りました。ただ仲間のサポート・成長に恵まれ、気づいたら会社は成長していました。

    ー新米現法社長で不安でたまらく焦っていた状態のまとめ
    ー当時、メンターから送らてきた戒めは→こちら

  • 2018年8月
    中国に移動する
    立て直しと、横展開を任せられ、また別の壁にぶつかったので、頑張って働きました。
  • 2018年8月
    日本に移動する
    日本に移動。マネジメント層に加わり、頑張って働きました。
  • 2018年8月
    カナダに移動する
    カナダに移動。心機一転。またもや懸命に働いています (← イマココ)

好きな食べ物

    • アジア飯は好きです。米の「ハンバーガー」、越の「ベトナム料理」、中の「中華料理」は、長く住ませてもらった土地の料理なので、基本的には好き嫌いはなく、何でも美味しく食べられます。
    • 日本のカレーライスは別格。カレーライスは日本人のソウルフードじゃないんでしょうか?
カレーが好きだから知っておきたい Rash Behari Bose
妻に「何が食べたい?」と尋ねられたら、条件反射で毎回『カレー』と答えて 怒られついでに、つまらない男といわれてしまうJOLです、みなさんこんにちは。 でも、カレーライスは日本の国民食みたいなもので、老若男女を問わず絶大な人気を誇って...
  • 単身での一人飯ならオートミールのチャーハン一択です。

生きていくさいに、ベースとした考え方

振り返りで気づいた、ベースとなる考え方の大事さ

このBLOGの記事を書くにあたって、様々な記憶・経験の振り返ってみました。振り返りの過程で気づきも多く、確かに記録に残しながら、振り返りをする、この作業は面白い体験(経験)のひとつだなと思いました。

振り返りの中で、特に気づいた事は、これまでの様々な場所・場面で、「取っ掛かり・軸足・梃子の支点」のように「自分の判断に影響を後押ししてくれるようなトリガー・コンセプト(スケール・尺度)」を利用してきたのということでした。

言うまでもないですが、この世界に在る全ての「広がり、深さ」に対処できる万能系トリガー・コンセプトみたいなものはありません。

もっといえば、トリガー・コンセプトは、“新しく得る知見を「生きた学び」に転換するために、その理解にレバレッジを効かせる支点に適している”だけで、いわゆる“理解へのとっかかり”みたいなものかと思います。

とはいえ、あると、ないでは、やはり違うもの。他の人に役立つかどうかはわかりませんが、いくつかのトリガーを、このBLOGでも紹介しています。

関連記事
・トリガーの種類
・ビジネス・マネジメントとデザインについて思うこと
・ccc

どんなのが尺度にむいているのだろうか?

トリガーは論理的思考ベースの方が、利用度が高いのですが、もう一点は“抽象化と具体化のバランスが良く取れている”アイデアであることも大事かもしれません。

物事を自分ごととして、整理・理解・分析する道程では、具体例のみに囚われすぎず、やや抽象度があって、簡略化できるほう、取っ掛かりとしては扱いやすいと思います。

実際に、ある程度の抽象度があった方が、対象の内容が変わっても応用が効かせられることや、再現性のロジックもある程度ありなら、その他のアイデアやコンセプトとの掛け合わせも容易に
なります。

関連記事
・シンプルであること
・図解・分解が可能であること

その他

JoLは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである Amazonアソシエイト・プログラムの参加者(ブログ)です。

スポンサーリンク
JOL | GIANtSTEP管理人をフォローする
JOL | GIANtSTEP
タイトルとURLをコピーしました